その他

GMOとくとくBBのエリアってどうなの?その実態を調査!

GMOとくとくBBのエリアって気になりますよね。実際に使う前に調べてほしいんですが、実は私自身、このエリアで失敗した経験があります。

料金や契約年数を比較して

「GMOとくとくBBが良さそうだな!よしGMOとくとくBBにしよう!」

こう決断した時に、「あっ、エリア調べるの忘れてた。まあ大丈夫だとは思うけど一応調べてみよう」こう思ってエリアを調べました。

すると…

見事にエリア外だったんです…

こういった失敗があったので、最初にエリアは確認しておくべきですね。

今回はGMOとくとくBBのエリアについて詳しく解説していきます。

 

GMOとくとくBBのエリアってどうなの?

実際のエリアについては基本的に都心部では電波が届くんですが、地方になると圏外のところも出てきます。

こちらは実際のエリア地図です。ピンク色の部分がエリア内なんですが、地方に行くとエリア外なのがわかりますよね。

こういったエリア外の地域では当然ながらWiMAXの電波は入りません。

ただ、実はエリア外になっている地域って人がいない山奥だったり、あるいは人口の少ない集落だったりするんです。

実際のところは人口カバー率は99%以上といわれています。

なので、基本的に都心部だったり、都心部でなくても人口のそれなりに多い市や町であればWiMAXのエリア内である可能性が高いです。

ちなみに私の地域はエリア外だったわけですが…(残り1%のエリア外の方に入ってしまいました)

 

GMOとくとくBBのエリア内でもピンポイントエリア判定は利用しよう!

きちんとエリア内だっとしても、自分の住んでいる地域が本当にエリア内なのかを確認することをおすすめします。

というのもエリア判定によってキャンセル制度が使えるかどうかが変わってくるからです。

実はGMOとくとくBBではピンポイントエリア判定というエリア判定ができます。

このようにエリア判定を○△×の三段階で判定してくれます。

ここで〇判定の場合は20日以内のキャンセル制度が使えるということなんです。

仮に△だった場合、WiMAXを使い始めてみて、「確かに繋がるけど速度が遅い…」こんな時にキャンセル制度が使えないんです。

なので、まず最初にピンポイントエリア判定でエリア判定をすることをおすすめします。

 

GMOとくとくBBの前にTryWiMAXを試してもOK

ちなみにWiMAXのお試しができるサービスがあります。それがTryWiMAXです。

このTryWiMAXでは15日間無料でルーターを借りることができます。

なので15日間の間に自分の住んでいる地域でWiMAXを使えるかどうかを確認してから、GMOとくとくBBに申し込むことができますね♪

もちろん○判定が出た人はキャンセル制度の対象ですので、不要かもしれませんが、△判定の人にはTryWiMAXがおすすめです。

 

GMOとくとくBBのエリアについてのまとめ

私自身エリアでは失敗した経験があるので、今回は自分自身の戒めのためでもあり、これからWiMAXを契約する人のためのメッセージでもあります。

とにかくエリアを知ることは何よりも重要です。

料金プランや契約年数を調べる前に、まずはエリアを調べるようにしてくださいね!