解約について

GMOとくとくBBの初期契約解除に注意?気になる点を解説!

GMOとくとくBBには初期契約解除というキャンセル制度が用意されています。

実はこのキャンセル制度はありがたい制度ではあるんですが、注意点もあります。

今回は初期契約解除について詳しく解説していきます。

手続きに失敗して無駄なお金を発生させてしまった…なんてことがないように注意しましょう!

 

GMOとくとくBBの初期契約解除って何?

まず最初に初期契約解除についての詳細なんですが、これは8日以内なら違約金なしで無条件で解約ができる制度のことです。

本来、更新月前の解約では違約金が発生するものです。これはGMOとくとくBBに限った話ではありません。

ですが、その違約金をGMOとくとくBBなら8日以内という条件付きですが無料にしてくれます。

何気にGMOとくとくBBの違約金って高いんですよね…

特にキャッシュバックキャンペーンを利用した場合、2年以内の解約だと24800円も違約金が発生してしまいます。

この違約金が無料になるのは本当にありがたいです。

 

GMOとくとくBBで初期契約解除をするやり方

GMOとくとくBBで初期契約解除をする場合は、順番通りに確実に手続きをこなす必要があります。

1つでも抜けがあると解約できないで注意しましょう!

 

①電話で事前連絡

まずは電話での事前連絡が必要です。電話は残念ながら有料通話となります。

GMOとくとくBBのコールセンターは込み合いますので、できるだけ混雑していない時間帯に電話をかけて、通話料を抑えるようにしましょう!

ちなみにこの電話連絡をしないで次のステップに進むと、初期契約解除が適用されません。

その場合は違約金を払うことになるのでご注意を!

電話連絡は不要でした…

間違った情報を載せてしまったことをお詫び申し上げます。

 

②端末一式を返却

次に端末一式を返却します。

端末が送られてきた際に箱に入っていた物をそのままそっくり返却すればいいだけの話ですね。

間違っても端末やSIMカードなどを処分しないように注意しましょう!

ちなみに8日以内の初期契約解除となっていますが、この8日以内というのは端末到着日~端末返却を確認できた日までの日数のことです。

8日以内に返却すればいいというわけではないので注意しましょう。

8日目に返却して返却が完了した日が10日目とかになってしまうと、当然初期契約解除は適用されません。十分注意しましょう!

 

GMOとくとくBBの初期契約解除についてのまとめ

GMOとくとくBBには8日以内の初期契約解除というありがたい制度が用意されています。

この制度があるからこそGMOとくとくBBは安心して申し込むことができますね。

ちなみに初期契約解除の他にもキャンセル制度も用意されています。

詳しくは別記事で解説していますので、そちらも参考にどうぞ。